元依存症者へのインタビュー

2019/10/13

当社では、依存症を回復し社会復帰している方の現状や課題を聞き取る事で、これから社会復帰する依存症者の助けになるのではないかと考え、元依存症者へインタビューを実施することにしました。 第1回目は元ギャンブル依存のKOさんです。 インタビュー実施日 2019年10月10日 インタビューアー 井田鉄平 KO様 40台男性 【依存種】ギャンブル(パチスロ) 【依存症の経緯】18歳からパチンコをはじめた。 仕事もがんばっていたが、お金で問題となり、35歳の時に依存症リハビリ施設につながった。 そこではじめてギャンブル依存というもの知った。 【現在の仕事】卸販売業 正社員 4年目 【就労する上で気にかけている事】週1-2回 自助グループに通うこと 【これから就労する方へのアドバイス】 最初は引き金から遠ざかる。私の場合はお金を扱う仕事は避けるようにした。 施設で言われたことは、回復前と似たような職種は控えたほうがよい スポンサー(仲間)に相談しながら就活する 【インタビューアーの所感】 KOさんとの出会いは、とある依存症回復施設が主催するセミナーでした。訪問前には事前の電話があり、まじめで礼儀正しい印象を受けました。現在は社会復帰され、やりたい仕事にもついているようなのでこれからも頑張ってもらいたいと思います。